d払いのポイントをお得に貯める裏技

 d払い ポイント 裏技 サムネイル

d払いのポイントをお得に貯める裏技があることをご存知ですか?

d払いとはNTTドコモが提供しているスマホ決済サービスで、提供しているのはNTTドコモですがドコモユーザー以外でも使う事が出来ます。

このd払いの売りの1つがd払いを使う事でポイントが貯まるという事で、d払いで貯める事の出来るdポイントは1ポイント=1円として使用する事が可能です。

本記事ではこのdポイントをチャージする裏技やd払いでのポイントのお得な貯め方や使い方などを中心に解説します。

d払いのポイントを裏技でゲット!?

d払いで貯められるdポイントは、d払い以外にもドコモのスマホや回線などのサービスを利用する事でも貯めることができますが、それらとは別にdポイントをゲットできるすごい方法があるんです!

この方法を使えば、dポイントをびっくりするほど入手できます!

実際に私もこの方法を使ってdポイントをゲットしました↓

この裏技は誰でも行うことができます。

dポイントが欲しい!と考えている人はぜひ試してみてください。

具体的なやり方については以下にまとめています↓

d払いのポイントをゲットする裏技

dポイント をゲットする裏技とは「ポイントサイトを利用する」というものです。

ポイントサイトとは、会員に対してアプリなどを紹介し、その度にポイントを付与してくれるサイトのことです。

ポイントサイトに無料会員登録してうまくキャンペーンを利用すれば大量のポイントを受け取れます。

集めたポイントはdポイントにすることができます。

特に↓のサイトではキャンペーンのSTEP1・2合わせMAX【5,000円】分以上のポイントを取得できるよう設定されており、オススメです!

ポイント得やすい!↓
無課金 POM lp

パソコンの方はスマホでQRコードを読み取ってください

キャンペーンはいつまでやっているか分かりませんから、dポイント をすぐにでも入手したいという方は今すぐ応募しておくことをおすすめします。

 


以下ではd払いでお得にdポイントを貯める他の方法を解説します。

d払いの使い方

d払いはスマホさえあれば事前の準備が簡単な事が利点の一つです。

 d払い ポイント 裏技 spパスワード

ドコモユーザーであればスマホにd払いのアプリをインストールしてspモードパスワードを入力するだけで即座に使えるようになります。

ドコモユーザー以外の場合は事前にdアカウントを発行、登録しておく必要がありますが、それでも他の多くの電子マネーと比較して手続きの手間は少ないです。

d払いはローソンやセブンイレブンといった大手コンビニからマツモトキヨシなどのドラッグストア、ビックカメラなどの家電量販店まで幅広い店舗で使う事が出来ます。

 d払い ポイント 裏技 バーコード

店舗でd払いを使って支払いを行うには、支払いの際にアプリをあらかじめ起動しておき、レジで店員さんにd払いを利用することを伝えバーコードを読み取ってもらいます。

d払いで支払いを行う事で自動的に支払額200円につき1ポイントのdポイントが貯まります。

注意すべきなのはd払いのポイント還元は端数切捨てで1会計ごとに行われるため、200円以下の少額会計は何度繰り返してもポイントが全く貯まりません。

d払いをネットで使うとお得

d払いは実店舗だけではなく、ネットショッピングでも使うことができます。

ネットショッピングでのd払いは手続きが手軽なだけではなく、条件を満たすことで高いポイント還元を獲得する事ができるメリットがあります。

ネットショッピングでd払いを使うにはサイトがd払いに対応している必要があり、代表的なサイトではAmazonやメルカリといった大手のサイトがd払いに対応しています。

ネットショッピングでd払いを使う場合、支払いの方法は電話料金合算やクレジットカードなどからその都度選択することができ、dポイントが貯まっている場合、dポイントから支払う事も可能です。

通常ネットショッピングでd払いを使った場合は100円につき1ポイントのdポイントが貯まります。

d払い ポイント 裏技

これが毎週金曜日と土曜日にネットショッピングでd払いを使った場合、通常1%のポイント還元が3%のポイント還元に、更に同月内の金曜日、土曜日に3つ以上のサイトでd払いを使って買い物をすると6%のポイント還元を得ることができます。

それらに加えてキャンペーンの対象となるサイトでのd払いの買い物でもポイント還元が上積みされるので、全ての条件を満たせれば10%以上のポイント還元を受ける事も可能です。

d払い ポイント 裏技

キャンペーンの対象となるサイトは毎月変わるのでd払いのサイトは毎月チェックしておいた方が良いでしょう、良く使う通販サイトなどがキャンペーンの対象となった時は買い物の良い機会と言えるかもしれません。

またこれらのキャンペーンは事前にエントリーが必要なのでネットショッピングでd払いを使う際にはd払いのサイトで忘れずにエントリーしておくようにしましょう。

d払いとiD払いの違い、どちらがお得か

 d払い ポイント 裏技 iD

d払いと同じくNTTドコモが提供している決済サービスにiDがあります。

iDは2005年からサービスされている息の長い決済サービスで、おサイフケータイの機能を使った非接触型の決済サービスです。

iDはおサイフケータイの機能により、支払の際にはアプリを開く必要どころか携帯の電源が入っている必要すらないので支払い時の手間はd払い以上に少なく、サービスが提供されてきた期間が長いだけにd払い以上に対応店舗が圧倒的に多いのが利点です。

d払いはまだサービス開始から日が浅い事もあり、機能的な面ではiD払いの方に分がある点の方が多いようですがポイント還元の面ではどうなのでしょうか。

支払いを行えば自動的にポイントが貯まるd払いに対してiDでは支払いをする事ではポイントはもらえません。

またサービス開始から日が浅いためサービスの普及を目的としたお得なキャンペーンなどが行われる事の多いd払いに比べてiDではそういった事はありません。

お得さを追求するのであればd払いの方に分があると言えるでしょう。

d払いのポイントのお得な貯め方

 d払い ポイント 裏技 dポイントカード

スマホアプリでのd払いで支払いをすることで自動的にdポイントは貯まるのですが、dポイントカードをdポイント加盟店でのアプリでの支払いの際に提示する事で2重にdポイントを貯めることができます。

dポイントカードはdポイントを貯める専用のカードで特に審査などもなく誰でも作る事ができます。

dポイント加盟店やドコモショップで配布されており、無料で入手できるうえに年会費などもかからないのでd払いでポイントを貯めていくのであれば是非作っておきましょう。

d払い ポイント 裏技

また前項でも述べましたがd払いはサービスの普及を目的として頻繁にお得なキャンペーンを行っています。

キャンペーンには自動的にポイントが付与されるものもありますが、事前にエントリーが必要なものも多いため、何も知らずにd払いを使っていると結果的に損をしていたという事にもなりかねません。

d払いでお得にポイントを貯めるのであれば小まめにキャンペーン情報を確認するようにしましょう。

d払いをクレジットカードで支払うとお得

d払いの支払い方法には電話料金合算やクレジットカードなどがありますが、お得さという事で言えばクレジットカードが一番お得です。

d払いの支払いにクレジットカードを使う事で、通常のd払いでのポイント還元に加えてクレジットカードのポイント還元を受けることができる、いわゆるポイント2重取りが可能となります。

d払いの支払いのクレジットカードはVISA、、JCB、MasterCard、American Expressといった大手ブランドのカードであれば大半のカードは問題なく使う事ができます。

dカード、dカードGOLD

d払い ポイント 裏技 d払い ポイント 裏技

d払いの支払いに使えるクレジットカードの中でもお勧めのクレジットカードとして挙げられるのはdカード、dカードGOLDです。

dカード、dカードGOLDはNTTドコモが発行しているクレジットカードで、クレジットカードとしての機能とdポイントを貯める事の出来るdポイントカードの機能を持っており、dポイントに特化したともいえるクレジットカードです。

dカード、dカードGOLDはクレジットカードとしての還元率は1%ですが、dポイントカードの機能を持っているためdカード特約店、dポイント加盟店での支払いに使った場合、追加でdポイントを貰うことができます(貰えるポイントの率は店舗などによって異なります)。

dカードは入会費、年会費無料、dカードGOLDは入会費無料、年会費10000円になります。

dカードGOLDはdカードと比べての通常の還元率などは変わりませんが、ドコモのケータイやドコモ光の利用料金の10%がdポイントとして貯まる特典があり、月々のドコモへの支払いが1万円を超えるような場合は年単位では年会費を上回る額のポイント還元を受けることができます。

リクルートカード

d払い ポイント 裏技

dカード、dカードGOLD以外でd払いの支払いにお勧めなクレジットカードとしてはリクルートカードがあります。

リクルートカードはポイント還元率の高いカードとして知られており、その還元率は1.2%とdカード、dカードGOLDより高くなっています。

またリクルートカードはd払い以外でも各種電子マネーのチャージでポイント還元を得られたり、ショッピング保険や海外旅行保険が付帯していたりと還元率以外にもメリットが多いカードと言われています。

一方でリクルートカードはdポイントと連携する特別な機能などは持っていないのでdポイント加盟店でのd払いが多いのであれば別途dポイントカードを作成しておいた方が無駄なくdポイントを貯めることができるでしょう。

リクルートカードで付与されるリクルートポイントは、じゃらん、ホットペッパーグルメなどのリクルート関連のサービスで利用できますが直接の使い道はそれほど広くありません。

しかしリクルートポイントはPontaポイントを経由する事でdポイントに1リクルートポイント=1dポイントで交換できるほか多くの方法で使う事が可能となります。

リクルートカードも入会費、年会費は無料となっています。

d払いのポイントのお得な使い方

d払いによって貯まったdポイントはアプリで設定する事でd払いでの支払いの際に1ポイント=1円としていつでも使用する事が出来ます。

 d払い ポイント 裏技 お試し引換券

しかしもっとお得にdポイントを使う方法としてローソンのお試し引換券があります。

これはローソンの新商品の引換券をdポイントで購入できるのですが、定価の半額以下で買う事が出来るため1ポイント=2円以上で使う事が出来ます。

ローソン店頭のLoppi、またはローソンアプリからdポイントを使って引換券を発行できるので、その後は店で該当商品をもってレジで購入手続きを行います。

ただしお試し引換券は数量限定で購入は先着順になるので、人気のありそうな商品の引換券は早めに購入する必要があります。

d払いのポイントをお得に貯める裏技|まとめ

ここまでd払いのポイントの貯め方や使い方について解説してきました。

政府のキャッシュレス推進政策などにより注目を浴びる事が多くなってきた電子マネーですが、d払いはなんといっても利用までの手続きが簡単で手っ取り早く使用できることが利点です。

その上でお得なポイントでの還元などの機会も多く、サービス普及の為に多くのキャンペーンが行われている現在はd払いを始めるのに適した時期と言えるでしょう。

まずはアプリをダウンロードして試しに使ってみてはいかがでしょうか。