WebMoney 貯め方の裏技

WebMoney 裏技 入手

WebMoneyは主にオンラインショッピングやネットゲームの課金に用いられるプリペイド型の電子マネーです。

そのWebMoneyをお得に入手する裏技があるんです。

本記事ではWebMoneyを入手するとっておきの方法をお伝えします!

 

WebMoneyを裏技でゲット!?

WebMoneyは前払い式の電子マネーなので、基本的にお金を使ってチャージしないと使うことができません。

……と多くの人は思っているのですが、実はWebMoneyをチャージするすごい方法があるんです!

私も実際にこの方法でWebmoneyをゲットしました↓

この裏技は誰でも行うことができます。

WebMoneyをお金を使わずに入手したい!と考えている人はぜひ試してみてください。

具体的なやり方については以下にまとめています↓

WebMoneyをゲットする裏技

WebMoneyをゲットする裏技とは「ポイントサイトを利用する」というものです。

ポイントサイトとは、会員に対してアプリなどを紹介し、その度にポイントを付与してくれるサイトのことです。

ポイントサイトに無料会員登録してうまくキャンペーンを利用すれば大量のポイントを受け取れます。

集めたポイントはWebMoneyで貰うことができます。

以下のリンク先(スマホ&タブレット専用)からキャンペーンを実施しているポイントサイトに無料会員登録することができます↓

特に↓のサイトではキャンペーンのSTEP1・2合わせMAX【5,000円】分以上のポイントを取得できるよう設定されており、オススメです!

ポイント得やすい!↓
無課金 POM lp

パソコンの方はスマホでQRコードを読み取ってください

こちらも特別キャンペーン実施中!↓

パソコンの方はスマホでQRコードを読み取ってください

キャンペーンはいつまでやっているか分かりませんから、WebMoneyをすぐにでも入手したいという方は今すぐ応募しておくことをおすすめします。

 


 

以下では、WebMoneyのお得な使い方などについて解説します。

WebMoneyをお得に使う

WebMoneyをそれなりの頻度で使っているのであれば、やはり少しでもお得に使いたいと思いますよね。

WebMoneyをお得に使う方法としてWebMoneyプリペイドカード(旧WebMoneyCard)があります。

WebMoneyプリペイドカードは名前の通りWebMoneyに使えるプリペイドカードで、セブン銀行ATMやローソンなどからの現金でのチャージやオンラインでのネットバンキング、クレジットカードなどからのチャージで事前に先払いで入金する事でWebMoneyとして使う事ができます。

先払い式のプリペイドカードなので作成にクレジットカードのような仕事や収入に関する審査などはなく、未成年(親権者の同意が必要)を含めて誰でも作る事が可能で入会費年会費なども一切不要です。

WebMoney 裏技 入手 WebMoney 裏技 入手

このWebMoneyプリペイドカードには作成に本人確認が必要な通常のWebMoneyプリペイドカードと本人確認などがなくても作成できるWebMoneyプリペイドカードLiteの2種類があるのですが、この2枚はお得さに少々解りづらい違いがあるので解説します。

通常のWebMoneyプリペイドカードのお得さとしてWebMoneyプリペイドカードからWebMoneyを使うだけで、カード作成後3ヶ月は1%、それ以降は0.5%のWebMoneyでのポイント還元を得ることができます。

このポイント還元はWebMoneyプリペイドカードLiteには適用されません。

一方、クレジットカードからのチャージが行えるWebMoneyプリペイドカードLiteに対して通常のWebMoneyプリペイドカードはクレジットカードからのチャージが行えません。

これは単に不便というだけではなく、通常のWebMoneyプリペイドカードではクレジットカードのポイント還元を受けることができない、いわゆるポイント2重取りは出来ないという事を意味します。

クレジットカードは電子マネーへのチャージでも常時1%以上の高いポイント還元があるカードも複数あるため、そういったクレジットカードを所有しているのであれば3ヶ月以降は0.5%のポイント還元しか得られない通常のWebMoneyプリペイドカードよりクレジットカードのポイント還元が得られるWebMoneyプリペイドカードLiteの方がお得と言えます。

それに対して通常のWebMoneyプリペイドカードは高還元率のクレジットカードを所有していない、作る予定がないという人向けと言えるでしょう。

どちらにしろ店頭でWebMoneyを買って使うよりはお得になるので、頻繁にWebMoneyを使っている方はWebMoneyプリペイドカードの作成を検討してみてはいかがでしょう。

WebMoneyを無駄なく使う

プリペイドではない通常のWebMoneyを使っていて困る事にWebMoneyを使った後に細かい端数の金額が出てしまった時の処理があります。

WebMoneyは複数枚を1度の会計で使う事もできるので、ある程度頻繁にWebMoneyを使っているのであれば次にWebMoneyを使う時に足して使えばいいのですが、しばらくWebMoneyを使う予定がない時は持て余してしまう事も少なくありません。

余ったまま放置しておくくらいであれば何かに使いたいものですがWebMoneyはクレジットカードなどの他の手段での支払いとは併用できない事が多いため、端数の金額を使うのであれば残った金額の範囲内で消費する必要があります。

WebMoneyの少額の端数の使い道で有用なものを紹介します。

LINEスタンプ

WebMoney 裏技 入手

LINEを使っているのであればLINEスタンプはWebMoneyの端数の使い道として手ごろと言えます。

120円から購入する事ができるので普段はわざわざお金を出してまでLINEスタンプを購入しない方も、余ったWebMoneyで試しに使ってみてはいかがでしょうか。

電子書籍

WebMoney 裏技 入手

電子書籍販売のサイトの多くはWebMoneyに対応しており、WebMoneyの端数の使い道の候補になりえます。

例えばRenta!であれば人気の作品でも48時間レンタルが100円で出来る本も多く、気になる本でちょっと読んでみたかった本をWebMoneyの端数を使って読んでみるというのはいかがでしょうか。

寄付

WebMoney 裏技 入手

意外に知られていませんがWebMoneyは寄付にも使う事ができます。

少額では寄付出来ない寄付先もありますがユニセフなどでは少額のWebMoneyを1円単位で寄付する事も可能なので、1円も残さずに綺麗に使い切る事が可能です。

余ったWebMoneyに特に使い道がないのであれば恵まれない子供たちへの助けとするのも良いのではないでしょうか。

そもそも端数を出さない

端数をどう使うかより、一番良いのは最初から端数を出さないように使う事でしょう。

WebMoney 裏技 入手

WebMoneyには1500円以上であれば1円単位で購入する事の出来るバリアブルというタイプが存在します。

使い額が最初から決まっているのであれば正確に必要な額を購入する事で端数そのものを出さない事が可能です。