WAONポイント 裏技でゲット!

waonポイント 入手 裏技

WAONポイントに入手する裏技があることをご存知ですか?

本記事ではWAONポイントを入手するとっておきの方法をお伝えします!

WAONポイントを裏技でゲット!?

WAONポイントは買い物をしたときに付与してもらえるポイントです。

ですが、実はそれとは別にWAONポイントをゲットできる方法があるんです!

この方法を使えば、WAONポイントをびっくりするほど入手できますよ!

この裏技は誰でも行うことができます。

WAONポイントを貯めたい!と考えている人はぜひ試してみてください。

具体的なやり方については以下にまとめています↓

WAONポイントをゲットする裏技

WAONポイント をゲットする裏技とは「ポイントサイトを利用する」というものです。

ポイントサイトとは、会員に対してアプリなどを紹介し、その度にポイントを付与してくれるサイトのことです。

ポイントサイトに無料会員登録してうまくキャンペーンを利用すれば大量のポイントを受け取れます。

集めたポイントはWAONポイントにすることができます。

以下のリンク先(スマホ&タブレット専用)からキャンペーンを実施しているポイントサイトに無料会員登録することができます↓

特に↓のサイトではキャンペーンのSTEP1・2合わせMAX【5,000円】分以上のポイントを取得できるよう設定されており、オススメです!

ポイント得やすい!↓
無課金 POM lp

パソコンの方はスマホでQRコードを読み取ってください

こちらも特別キャンペーン実施中!↓

パソコンの方はスマホでQRコードを読み取ってください

キャンペーンはいつまでやっているか分かりません。

WAONポイント をすぐにでも入手したいという方は今すぐ応募しておくことをおすすめします。

 


 

以下では、WAONポイントとWAON POINTの違いやどちらがお得かなどについて解説します。

WAONポイントとWAON POINTどちらがお得?

非常に紛らわしいため混同してしまう人も多いのですがWAONポイントWAON POINTは実は違うものです。

どちらもイオングループが提供しており、主にイオングループの店舗で貯める事の出来るポイントでトレードマークの白い犬のマークまで共通なのですが貯め方や使用方法などに若干の違いがあります。

どのように違うのか、どちらがお得なのか見てみましょう。

WAONポイント

WAONポイントは電子マネーWAONを使った場合に貯まるポイントで、使った額の200円につき1ポイント(端数切捨て)のWAONポイントが貯まります。

電子マネーWAONの会員登録を行う事で対象店舗(イオングループの店舗のみ)での電子マネーWAONの支払いで貯まるポイントが200円につき2ポイントになるので、WAONポイントを貯めるのであれば忘れずに会員登録を行っておきましょう。

貯まったWAONポイントは100WAONポイント単位で1WAONポイント=1円として電子マネーWAONに交換する事ができます。

電子マネーWAONは先払い式の電子マネーで利用するにはWAONカードなどのWAONに対応したカードの作成かスマートフォンにモバイルWAONをインストールする必要があります。

モバイルWAONは無料で利用を開始できますがWAONカードの方は作成時に費用が300円かかります、先払い式の電子マネーなのでカード作成の審査などは無く誰でも作る事ができ、どちらも年会費などの維持費用はありません。

電子マネーWAONはイオングループの店舗以外だとローソンやファミリーマートといったコンビニや一部のドラッグストアなどで使う事ができますが、対応店舗がやや少なく対応店舗が近場にない場合は少々使い先に困るかも知れません。

電子マネーWAONへのチャージはイオンのレジやイオン銀行のATMなどから現金でチャージする事もできますが、イオンカードやJALカードなどの特定のクレジットカードからオートチャージする事で200円につき1ポイント(または1マイル)が貯まります。

残念なことに電子マネーWAONにチャージできるクレジットカードはイオンカードなど一部のカードに限定されているため、高還元率のクレジットカードでチャージする事でより多くのポイントを稼ぐことは出来ないため、会員登録を行ったうえでの電子マネーWAON使用時の1%とオートチャージ利用時の0.5%を合わせた1.5%が通常のポイント還元率の限度となっています。

WAON POINT

WAON POINTはイオングループの店舗を中心としたWAON POINT加盟店の店舗で現金で支払いを行う際にイオンカードやWAON POINTカードを提示する事で貯まるポイントで、使った額の200円につき1ポイント(端数切捨て)のWAON POINTが貯まります。

貯まったWAON POINTはレジでポイントを使う旨を伝えれば、そのまま1WAON POINT=1円として使う事ができ、交換などの手間はありません。

またイオンに設置されているWAONステーションなどを通じてWAON POINTを電子マネーWAONにチャージする事も可能です。

電子マネーWAONはイオン以外にもローソンなどの大手コンビニも対応していましたが、WAON POINT加盟店はそれより範囲が狭くイオングループの店舗以外では対応していないと考えた方が無難です。

WAON POINTは対応店舗の狭さからWAONポイントより貯めづらい感がありますがWAONポイントにはないメリットとしてポイントを他人に譲渡する事が可能です。

結局どちらがお得なのか

通常の還元率では最大で0.5%の還元率が限度のWAON POINTより、条件を満たせば最大1.5%もの還元が受けられるWAONポイントの方がお得といえるでしょう。

また通常の還元率だけでなくWAONカードによる電子マネーWAONの利用などで5%の割引が受けられる毎月20・30日のイオンお客様感謝デーや、同じく電子マネーWAONでの対象商品の購入でポイントが貰えるボーナスポイントなどもWAON POINTカードを提示しての現金払いでは対象になりません。

これらのサービスは以前はWAON POINTカードも対象だったのですが電子マネーWAONの利用を促進したいというイオンの方針により2020年4月からは対象外になってしまっています。

今後も電子マネーWAONに関連するキャンペーンや特典の方が拡充される可能性が高いため、将来性という意味においても電子マネーWAONの利用で貯まるWAONポイントの方が優れていると言えるでしょう。

これからポイントを貯めるのであれば現金払いに拘りがない限りはWAON POINTよりWAONポイントを貯める事をお勧めします。