メルペイをチャージする裏技

メルペイ チャージ 裏技

メルペイをチャージする裏技を紹介します。

メルペイは株式会社メルペイ(メルカリの子会社)が提供している電子決済サービスです。

メルペイの最大のメリットはメルカリの売り上げをそのまま対応店舗での支払いに使える事で、メルカリで物を売る事が多い人にとっては非常に利便性の高いサービスといえます。

またiD決済に対応しているため電子決済サービスとしては後発でありながら、対応店舗が非常に多い点もメリットと言えるでしょう。

この記事ではメルペイにチャージする裏技やメルペイのお得な貯め方や使い方などについて解説します。

メルペイを裏技でチャージ!?

メルペイは基本的にはメルカリで物を売ったり、お金を使って残高をチャージしない限り使うことは出来ません。

しかし、実はこれからご紹介する裏技を使えば、メルペイの残高をお金をかけずにびっくりするほどチャージできます!

実際に私もこの方法を使ってメルペイをチャージできました!

この裏技は誰でも行うことができます。

メルペイの残高を思う存分に使ってみたい!

と考えている人はぜひ試してみてください。

具体的なやり方については以下にまとめています↓

メルペイをチャージする裏技

メルペイの残高をチャージする裏技とは「ポイントサイトを利用する」というものです。

ポイントサイトとは、会員に対してアプリなどを紹介し、その度にポイントを付与してくれるサイトのことです。

ポイントサイトに無料会員登録してうまくキャンペーンを利用すれば大量のポイントを受け取れます。

集めたポイントは”円”に交換して、メルペイ残高にチャージすることができます。

特に↓のサイトではキャンペーンのSTEP1・2合わせMAX【5,000円】分以上のポイントを取得できるよう設定されており、オススメです!

ポイント得やすい!↓
無課金 POM lp

パソコンの方はスマホでQRコードを読み取ってください

キャンペーンはいつまでやっているか分かりませんから、メルペイの残高をすぐにでもチャージしたいという方は今すぐ応募しておくことをおすすめします。

 


 

以下では、メルペイのお得な使い方などを解説します。

メルペイの使い方|事前の設定

メルペイを使うにはメルカリのアプリをダウンロードする必要があります。

もちろん既にメルカリを利用していてアプリを使っているのであれば追加の手間は必要ありません。

メルペイはプリペイドに近い前払い方式なのでメルペイで購入などを行う場合、メルカリポイントメルペイ残高に支払いに必要な額がチャージされている必要があります。

メルカリポイントとは1ポイント=1円として現金と同様にメルペイで使えるポイントで、メルペイの本人確認を行ってない場合にメルカリの売上金から購入するか、キャンペーンなどで付与される形で入手する事ができます。

メルペイ残高を使うにはメルペイの本人確認を行う必要があり、本人確認が完了した以降はメルカリの売上金が自動的にメルペイ残高になります。

メルペイ残高はメルカリの売上金でもあるため、メルカリポイントと異なり銀行口座への振り込み依頼を行う事で現金として引き出すことも可能です。

メルペイの本人確認を行っていない場合はメルペイ残高は使えずメルカリポイントも直接現金では購入できないため、メルカリの売上金の中からメルカリポイントを購入する限定的な形でしかメルペイは利用できません。

メルペイの本人確認を行うメリットとしてメルカリの売上金の有効期限が180日間から無期限になるという点がありますが、それ以上にメルカリで行われるお得なキャンペーンの中にはメルペイの本人確認が条件になっているものが少なくないため、メルペイの利用だけでなくお得にメルカリを使うためにもメルペイの本人確認はしておいた方が良いでしょう。

メルペイの本人確認

紛らわしいのですがメルペイの本人確認はメルカリの本人確認とは異なるものです。

既にメルカリを利用していてメルカリの本人確認が済んでいる場合でもメルペイの本人確認が行われていない場合があります。

メルペイの本人確認が済んでいるかどうかを確認する方法はいくつかありますが、一番分かり易いのはメルカリの売上金の表示が「売上金」のままの場合はまだメルペイの本人確認が済んでおらず、売上金の表示が「メルペイ残高」となっている場合は既に本人確認が済んでいると判断できます。

メルペイの本人確認の方法には銀行口座の登録アプリでの本人確認の2つの方法があり、どちらの方法でも書類の郵送などの必要はなくオンライン上で手続きを行う事ができます。

本人確認のための銀行口座の登録はお支払い用銀行口座を登録する必要があり、振込申請用口座だけの登録では本人確認とはなりません。

お支払い用銀行口座には国内の主要なメガバンクやネット銀行、ゆうちょ銀行に加えて一部の地方銀行などの金融機関が登録可能で、口座の登録の際には銀行口座の支店名や口座番号が必要となります。

アプリで本人確認を行う場合、メルカリの指定する4つの身分証明書、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、外国人在留カードのうちのいずれかの身分証明書が必要となります。

保険証や住民基本台帳カードなどの一般的に使われる身分証明書であっても上記の4つ以外の身分証明書ではアプリでの本人確認は行えないため注意しましょう。

メルカリアプリのメルペイの項目から「かんたん本人確認で売上金の有効期限なしに」を選択し、アプリの指示に従って自身の顔と用意した身分証明書をスマホで撮影する事で本人確認を行う事ができます。

アプリで本人確認はスムーズにいけば3分もかからずに完了できて手間がかからないのですが、撮影した身分証明書の認識が上手くいかないケースが多いようです。

認識が上手くいかない理由はいくつかあるようですが、ピントが合っていなかったり、撮影する場所の明るさが足りなかったり、髪で顔の形が隠れていたりすると認識失敗の原因になりやすいようです。

またスマホの機種の影響も大きいようでXperiaHUAWEIのスマホでは何度やり直しても認識してくれないという声が多いです。

メルペイの使い方|店舗で支払い

店舗でメルペイを使うには店舗側がiD決済かコード決済のどちらかに対応している必要があり、iD決済に対応している場合iDのマークが、コード決済に対応している場合メルペイのマークが店舗側の対応の目印になります。

iD決済はサービス開始からの歴史が長いため対応店舗が非常に多く、主要なコンビニやスーパー、ファーストフード店などが幅広く対応しており、使い先に困ることは無いでしょう。

ただしメルペイを使ってiD決済をするにはAndroidであればオサイフケータイとの、iPhoneであればApple Payとの連携の設定が必要となります。

iDは支払い時の手間が少ない事も魅力の1つで特にAndroidであれば端末の電源を入れる必要もなく店員にiDで支払う旨を伝えてリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

iPhoneの場合はFace IDやTouch IDの認証を済ませてリーダーにかざす事で支払いが完了します。

コード決済を行う場合は自分のコードを店舗側に読み取ってもらうストアスキャンと店舗側のコードを自分が読み取るユーザースキャンがあります。

どちらも一旦メルカリのアプリを立ち上げてメルペイの項目を開く必要があり、その後ストアスキャンであればコード決済を選択して表示されたコードを店舗側に読み取ってもらう、ユーザースキャンであれば読み取りを選択して店側のコードをカメラで読み込むことで支払いを完了する事ができます。

メルペイをお得に使う

近年は政府がキャッシュレス決済を後押ししている事もあり、メルペイ以外にも複数の新しい電子決済システムがサービスを開始していますが、それらの電子決済サービスには顧客の取り込みの為に使用額に応じたポイントなどの還元を設定しているサービスが多いです。

それに対してメルペイは通常の利用に関しては特にポイント還元が設定されていません。

しかしメルペイにはメルペイで他の決済サービスにはないお得な点があります、どのようなお得な点があるのか見てみましょう。

キャンペーン

メルカリのキャンペーンは基本的に不定期で行われますが、メルカリでの購入や提携企業への新規登録などによってメルカリポイントが付与されるものが多いです。

メルペイ チャージ 裏技

恒常的に行っているキャンペーンとして友達に招待コードを送ってメルカリに招待する「友達招待」があり、招待した側、招待された側の両方がメルカリポイントを受け取る事ができます。

貰ったメルカリポイントには有効期限がある事には注意が必要です。

メルカリポイントの有効期限はポイントによって異なりますが、配布されたポイントによっては最短で60日間という期限の短いポイントもあるため、早めに使い切ってしまった方が良いでしょう。

メルペイクーポン

メルペイクーポンはメルカリ外の特定の店舗、商品においてメルペイで支払う時に利用できるクーポンで、購入時に購入価格が割引になるクーポンと、後日割引分がメルカリポイントで還元されるクーポンがあります。

メルペイ チャージ 裏技

メルペイクーポンは他社の割引サービスなどと比べても割引率が高いクーポンが多い事が特徴で50%以上の割引クーポンや11円で商品が買えるクーポンなどお得度が高いクーポンも存在します。

現在どのようなクーポンが使えるかはメルカリアプリから確認できるので、お得さを求めるのであればメルペイクーポンの情報はこまめにチェックしておいた方が良いでしょう。

メルカリクーポン

メルカリでは不定期にメルカリでのみ使えるメルカリクーポン(旧お得チケット)というお得なクーポンが配布される事があります。

メルカリクーポンにはメルペイクーポンと同様に購入価格が割引になるクーポンと、ポイントバックと呼ばれる購入後にメルカリポイントでポイント還元を受けることができるクーポンがあります。

クーポンの配布に関しては現在明確な条件などは判明していませんが、メルカリで商品を購入した後に配布される事が多いようです。

メルペイ チャージ 裏技

割引率的には5%や7%などメルペイクーポンと比べるとそこまで割引率が高くないクーポンが多いですが原則メルカリで売られているものであれば全てが対象になるので使い道の幅は広いと言えるでしょう。

Suicaにチャージ

メルペイのメリットの1つとしてSuicaへのチャージが可能な事があります。

残念なことにSuicaへのチャージはiPhoneでのみ可能でAndroidでは行うことはできません。

Suicaへのチャージはメルペイ残高だけでなくメルカリポイントでも行う事が可能です。

Suicaへのチャージで単純に使い道の幅が広がるというのも大きな利点ですが、有効期限の迫っているメルカリポイントをSuicaにチャージする事で有効期限を無くすという使い方が可能です。

メルペイのデメリット

メルペイの不便な点としてクレジットカードによるチャージに対応していないという点があります。

これは単に不便というだけでなく、高還元率のクレジットカードを使ったチャージによるポイント還元もメルペイではできません。

メルカリとの連携で利便性は高いメルペイですが、還元率を重視して考える方にはお勧めできないでしょう。

メルペイの使い方|まとめ

ここまでメルペイのお得な使い方などについて解説してきました。

メルペイはメルカリとの連携を強みとする決済サービスで、メルペイの本人確認を行う事でメルカリの売り上げを直接買い物やSuicaへのチャージに使用できるようになるなど、メルカリの利用者にとっては他の決済サービスには代えがたい大きな利便性があります。

またiD決済に対応しているため対応店舗が非常に多く、支払時の手間も非常に少ないです。

一方で他の決済サービスなどと比べると還元率の点では見劣りする点があり、クレジットカードでのチャージに対応していないため高還元率のクレジットカードによるポイント2重取りも行うことは出来ません。

お得なクーポンなどはあるもののキャンペーンも多くはメルカリの利用者を対象としており、メルペイはメルカリの利用者のための決済サービスという側面が強いと言えるでしょう。

次の給料日までお金がないけどゲームに課金したい!

そんなとき、後払いできる課金方法があったら便利ですよね。

それを実現するのが「バンドルカード」です。

バンドルカードは誰でも作れるVisaプリペイドカードのアプリです。

プリペイドなのに後払いができるのが魅力。

お金がない、でも今やってる期間限定イベントにどうしても課金したい!

と言ったときに大活躍します!

賞金稼ぎになれるゲームアプリ!?

ゲームに勝つと賞金・景品がもらえるアプリが遂に登場しました!

対象となるゲームは『荒野行動』『クラッシュ・ロワイヤル』『第五人格』など数多くの人気タイトルたち!

今日から君もプロゲーマーになって賞金をゲットしよう!


いらないゲームを家にいながら売れちゃう最新アプリが登場!

もう遊んでいないゲームをスマホで撮って、送って、即入金!

レンタルショップ「ゲオ」の最新サービス『ゲオスグ

家に眠っているゲームをお金に換えて、今遊んでいるゲームに課金することだってできちゃう!

電子マネー・ポイント
無課金でGO!